◇聖書箇所:ヨブ記 8章◇(10月16日)

「神がさばきを曲げられるだろうか。全能者が義を曲げられるだろうか。」…ヨブ8:3

友人として二人目にヨブに語ったのは、シュアハ人ビルダデでした。「いつまで、あなたはこのようなことを語るのか」と、彼は開口一番、ヨブを非難しています。わざわいに遭いながらも自分は正しいとするヨブのことばに憤りを感じた彼は、神がさばきや義を曲がることなどない、あなたが受けているわざわいは、あなたのうちにある罪に対する報いにほかならないと断じ、神にあわれみを乞え、罪を悔い改め、純粋で真っ直ぐな者となり、あなたの義の住まいを神に回復してもらうようにせよと、ヨブに迫っているのです(2-7節)。「すべて神を忘れる者の道はこのようだ。神を敬わない者の望みは消え失せる」(13節)。「見よ。神は誠実な人を退けることはなく、悪を行う者の手を取ることはない」(20節)。ビルダデは真理を語り、それがすべての人に適用されうることだと信じて疑いません。そしてヨブが神を敬わない者だと決めつけて批判しているのです。彼の語ることは間違ってはいません。しかしそこには、エリファズと同様に、目の前で痛み苦しんでいるヨブに寄り添い、慰めと回復をとりなす姿勢は見られないのです。「兄弟に向かって、『あなたの目からちりを取り除かせてください』と、どうして言うのですか。見なさい。自分の目には梁があるではありませんか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取り除きなさい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取り除くことができます」(マタ7:4-5)。言っていること自体は正しい、しかしそこには愛やあわれみがなく、あくまでも正しい自分の主張を押し付け、認めさせ、従わせようとする…。それは、主イエスが偽善者だと言って非難したパリサイ人たちのあり方にほかなりません。「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい」。ビルダデにとってヨブは友人であり、単なる隣人以上の関係であったはずです。私たちも主イエスの心で友人や隣人を愛することができるよう、祈り求めたいと思います。

主の祝福がありますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 7章◇(10月15日)

「私が罪ある者だとしても、人を見張るあなたに、私は何ができるでしょう。どうしてあなたは、私を標的とされるのですか。私は、自らを重荷としなければならないのですか。」…ヨブ7:20

腫物で打たれ、痛みと苦しみの中にあったヨブ…。彼は、自分がそのような状態に置かれ、放置されているのではなく、敵の動きを監視するかのように、自分の上に常に見張りが置かれているかのように感じていました。また、眠りについたとしても、悪夢におののき、幻によっておびえ、心は絶えずかき乱されていたのです。「もういやです。いつまでも生きたくありません。かまわないでください…」と、ヨブは神に訴えています(11-16節)。そんなヨブはさらに、神に対する非難の思いを隠せず、「いつまで…」、「どうして…」と問いただしています。「いつまで私から目をそらしてくださらないのですか…」(19節)、「どうして、あなたは私の背きを赦さず、私の咎を取り去ってくださらないのですか…」(21節)。20節にも「どうしてあなたは、私を標的とされるのですか」とあります。「標的」とは、攻撃の目標のことですが、神はヨブを憎んで叩き潰そうとしていたわけではありません。神は、試練を与えてヨブを取扱い、彼のうちにある、自己を正当化する高慢さや、神の絶対的主権を認めない頑なさに気づかせ、ご自身のみこころにかなう者としてきよめ、整えようとしておられたのです。19~21節のヨブの神への訴えの中に、「私」ということばが何度も繰り返されていますが、神は、ヨブの持っていたその自我を砕き、取り除こうとしておられたのです。ひるがえって私たちはどうでしょうか…。主イエスは弟子たちに、「みこころが天でおこなわれるように、地でも行われますように」と祈るよう教えられましたが、その「地」とは、この地に住む、私たち一人ひとりのことでもあるのです。まず自分自身が、そのように主のみこころにかなう者となることを願いとし、主がそれぞれに与えておられる有益な訓練をいとわず、しっかりと受けていきたいと思います。

主の助けと支えがありますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 6章◇(10月14日)

「私に教えよ。そうすれば、私は黙ろう。私がどのように迷い出たのか、私に悟らせよ。」…ヨブ6:24

エリファズのことばを聞き終えたヨブは、それに反論するように語り始めました。まずはあらためて、自分の苦しみ、痛みが大きくて耐え難いものであること、それがどうしたことか神からもたらされていることを、納得できない思いをほのめかしつつ語っているのです(2-7節)。次にヨブは、自分の願いがかなえられればよいのに…と言っていますが(8-9節)、それはいのちが取られ、苦悩から解放されることでした。そうなればどんなに楽になることか…と思ってもそうならないことを嘆く一方で彼は、「私は聖なる方のことばを、拒んだことはない」(10節)と、思わず、自分はこれまでずっと正しく歩んできたはずだ…と、自己正当化、自己弁護しているのです。ヨブはさらに、そのように悪や不正とは無縁の歩みをしていた自分がなぜわざわいを受けなければならないのか、なにがいけなかったのか、教えてくれ、悟らせてくれと、友人たちに訴えています(22-24節)。そのようにヨブにとっての苦悩とは、腫物によるからだの痛みや、愛するものを失った悲しみ以上に、受けている苦難の原因がわからないということでした。その意味では、彼もまた、エリファズと同様、因果応報の考えに立っていたのであり、主のなさることは人には測り知れないと、神の絶対的主権を認め、徹底的に自分を低くし、すべてを益となされる主に自分を明け渡すあり方ではなかったのです。物事には必ず結果をもたらす原因がある…。それはこの世の常識であり、科学的な考え方だと言えるのかもしれません。そして私たちもともすればそれに慣れてしまい、神がなさることが自分で納得できず、その理由を見いだすことができないと、神から離れてしまうのです。しかし、「天が高く、地が深いように、王の心は測り知れない」(箴25:3)とあるように、神は主権者であられ、主がなさることは人には測り知れないのです。しかし神は、それぞれにとっての最善をなさるお方なのです。そのことを覚え、ますます神に信頼して歩みたいと思います。

主の確かな導きがありますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 5章◇(10月13日)

「さあ、私たちが調べ上げたことはこのとおりだ。これを聞き、自分自身でこれを知れ。」…ヨブ5:27

「さあ、呼んでみよ。だれかあなたに答える者はいるか」と、エリファズはヨブに語っています。ヨブが不当な苦しみを訴えたとして、確かにそうだとそれに答え、ヨブを弁護してとりなしてくれる人などいない。また、不幸や労苦は雑草のように自然に生え出るものでなく(6節)、人間の罪に対する報いなのだから、ヨブよ、あなたのうちにある罪を告白し、悔い改めるしかないだろうと、エリファズは彼の考えに基づいて主張しているのです。8-16節ではエリファズは、嘆き悲しむ者、貧しい者を顧みて救い出してくださる神について語っています。そしてその神に対して8節、「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう」と彼は言っていますが、そのことばから、自分の敬虔さ、謙遜さ、知識を誇り、それに比べてヨブよ、なぜあなたはそうしないのかと、ヨブの不敬虔さを責める思いを読み取ることができます。「ああ、幸いなことよ、神が叱責するその人は。だから、全能者の訓戒を拒んではならない」(17節)。あくまでもエリファズは、ヨブが神からの叱責、訓戒を受けているとの理解に立っています。そして、それを拒むことなく受け、罪を悔い改め、神からの救いといやしを受けよと勧めています。これが真理なのだから、あなた自身がそのことを悟り、実際に行わなければならないのだと、そのような教育的なことばをもって語り終えているのです。「『誇る者は主を誇れ。』自分自身を推薦する人ではなく、主に推薦される人こそ本物です」(2コリ10:17-18)。エリファズの語った「教理」は間違いではありません。しかし苦難の中にあるヨブと自分を比較する彼のあり方は、神のみこころにかなうものではなかったのです。また彼のうちには、ヨブへの愛とあわれみの心がなかったのです。私のうちに神に誇れるものは何もない…。私はただ神の恵みとあわれみによって生かされている…。常にその理解に立って謙遜に歩む者でありたいと思います。

あわれみの心を持つことができますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 4章◇(10月12日)

「さあ、思い出せ。だれか、潔白なのに滅びた者があるか。どこに、真っ直ぐなのに絶たれた者があるか。」…ヨブ4:7

ヨブに降りかかった災難を聞いて駆けつけた3人の友人は、全身が悪性の腫物で覆われているヨブの姿を見てことばを失い、声を上げて泣き、ただ黙して七日七夜、彼とともに地に座っていました。しかし、ヨブが自分の生まれた日を呪って語ったことばを聞いた彼らのうちには、同情だけでなく義憤の思いが湧き始め、友人のうちテマン人エリファズが、口火を切ってヨブに話し始めたのです。彼が第1に主張したことは「因果応報」、つまり正しい行ないをして、身が潔白である者が神に打たれるわけがない、ヨブのわざわいもまた彼のうちに何らかの罪があり、その実を刈り取っているのだということでした(7-9節)。また彼は、人は神の前に正しくあり得ないのであって、その罪のゆえに、神はすべての者をご自身のさばきの対象とされるのだとも主張したのです(17-21節)。エリファズのその主張は、ある意味正しいと言えます。聖書はアダムの罪によって死がこの世界に入ったと語っています。原因となるものが結果を生じさせるという考え方が間違っているとは言えません。しかし義でありきよいお方である神はまた、愛とあわれみに満ちたお方であって、アダムの時以来、人類の救いの計画をずっと推し進めておられるのです。そしてその救いにあずかるのにふさわしいものを、人は何一つ持ち得ないのです。そのように神の愛と恵みは人間の思いを超えた驚くべきもの、一方的なものであって、それはご自身のひとり子、イエス・キリストの贖いによって頂点に達するのです。エリファズのことばは、ヨブに罪を認めさせ、正しい道に導こうとする訓戒です。そこにはヨブが慰められることばはありません。しかし彼は、まずヨブの痛みに寄り添い、苦しみを分かち合うべきであり、ヨブの上に立って指導するのではなく、ヨブと同じところに一緒にいて、神にとりなすべきだったのです。そのようなあり方が、私たちにも求められていることを覚えたいと思います。

愛をもって人々に寄り添うことができますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 3章◇(10月11日)

「ヨブは言った。私が生まれた日は滅び失せよ。「男の子が胎に宿った」と告げられたその夜も。」…ヨブ3:2-3

「ヨブは口を開いて自分の生まれた日を呪った」と1節にありますが、それはつまり、自分はこの世に生まれて来なければ良かった…と、あまりにもつらくて苦しい苦難の中にあって彼が、このまま生きているより、いのちを取られたほうがましだ、と感じていたということです。ヨブは神を呪ってはいません。自分が誕生した「日」を呪い、その日を忌まわしく思っているのです。しかし彼は、「なぜ私は、胎内で死ななかったのか。胎を出たとき、息絶えなかったのか」とも言っています(11節)。母の胎にヨブを形造り、いのちを吹き込み、胎の戸を開いて生まれさせたのは神であって、自分の生誕を呪うヨブは結局、神を呪っていることになるのです。17-19節では「かしこ」のことが語られています。「かしこ」とは遠いところ、すなわち「天」を指しています。ヨブはその「かしこ」を思い、そこで苦しみから解放され、安らぎと憩いを得ることを願っていたのです。全身を悪性の腫物で打たれたヨブがそう考えるのは無理もないと思うかもしれません。しかし神から与えられているいのちと日々を生きるのを拒絶するのは、神ご自身を拒絶することであり、それは今の自分のことしか考えようとしない、短絡的、近視眼的な態度であったのです。「あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます」(1コリ10:13)。神は真実なお方であって、私たちをみこころにかなう者として整え、ご自身の働きにおいて尊く用いるために訓練しておられるのです。苦難のただ中にあっては、私たちはとてもそう思えないかも知れませんが、試練には意味と目的があること、そしてその試練とともに脱出の道が備えられていることをしっかりと受けとめ、助けてくださいと主に叫び求めつつ、忍耐と希望をもって歩み続けていきたいと思います。

主からの平安がありますように。

◇聖書箇所:ヨブ記 1章◇(10月9日)

「ヨブはこれらすべてのことにおいても、罪に陥ることなく、神に対して愚痴をこぼすようなことはしなかった。」…ヨブ1:22

善行に励めば良い結果を得ることができる、悪行を避けるのはそれが悪い結果をもたらすからだ…。そのように考えて行動する「因果応報」の法則が果たしてこの世界に存在するのか…。人類は昔からそのことを追求し、そのことがこのヨブ記でも主題として扱われています。正しく歩んでいたヨブに、ある日突然、思いがけない災難が襲いかかりました。彼の家畜やしもべたちや、7人の息子と3人の娘までもが、次々にいのちを奪われてしまったのです。しかしそのことを知った彼はなんと、地にひれ伏して、「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな」と言って神を礼拝したのです。実はそのことの背後には、神とサタンとのやり取りがありました(6-12節)。ヨブの苦難は神の承諾のもと、サタンが起こしたことであったのです。神はヨブについてこう評しました。「彼のように、誠実で直ぐな心を持ち、神を恐れて悪から遠ざかっている者は、地上には一人もいない」…と。そのような希有の存在のヨブだからこそ、想定外の事態においても神を礼拝できたのでしょうか…。しかし2番目の報告者は「神の火が天から下って…」と、それが神からのものだと言ったのです。それを聞いたヨブは、神への怒りを覚えなかったのでしょうか…。「誠実」ということばは、「まじめ」、「我欲を持たない」という意味で一般的に使われますが、神が言う「誠実」とは、何よりも、神を畏れて真実に歩む、心を尽くして主を愛するというあり方を意味しているのです。「あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」(申6:5,マル12:30)。自分はヨブのようには到底なれない…それが私たちの正直な気持ちかもしれません。しかし彼の姿勢は、聖書全体を通し、一貫して私たちに命じられているものなのです。主を畏れ、主を愛し、真実に歩み続ける…。そのようなあり方を常に願い、追い求める者でありたいと思います。

主の祝福がありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 8章31-39節◇(10月8日)

「しかし、これらすべてにおいても、私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です。」…ローマ8:37

「では、これらのことについて、どのように言えるでしょうか」(31節)と、それまで述べてきたことのまとめとして、パウロは、「今の時の苦難」に置かれている私たちは敗北者なのか…と、疑問形で読者に繰り返し問いかけ、もちろんそうではない、キリストにある私たちは勝利者なのだと、その結論を鮮やかに示そうとしています。だれが神に選ばれた者たちを訴えるのか…だれが私たちを罪ある者とするのか…だれが私たちをキリストの愛から引き離すのか…。そのときパウロは、それが、聖徒たちを迫害し、心をくじいて神への信仰を失わせようとする者たちであると同時に、自分たちのうちに残っている罪を責め立て、キリストにある救いの事実を揺るがせようとする敵、すなわちサタンのことを考えていたのです。しかしパウロは、揺さぶりをかけてくる、外からの、また内における敵に対して、きっぱりと答えています。神が義と認めてくださるのだ…キリストが神の座に着き、とりなしていてくださるのだ…私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者なのだ…と。さまざまな苦難の中にあって、多くの聖徒たちが、なぜこのようなことが起こるのか…神は私のことを見捨てたのか…と、神を疑う思いにさせられていたことでしょう。しかし、苦悩の中にあったパウロは、神から強い確信を与えられたのです。死も、いのちも、今あるものも、後に来るものも、どんな被造物も、キリストにあって注がれている神の愛から、私たちを引き離すことなど決してできないのだ…と。そしてそのことをここで力強く宣言しているのです。その神の愛は、もちろん、キリストに贖われた私たちの上にも注がれています。私たちも苦難の中に置かれ、罪や弱さを責め立てられますが、キリストにある神の愛から、私たちを引き離せるものは何もないのです。パウロを通して語られたその宣言のことばを、私たちも自らの口をもって告白したいと思います。

みことばを通して確信が与えられますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 8章18-30節◇(10月7日)

「神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。」…ローマ8:28

「今の時の苦難は、やがて私たちに啓示される栄光に比べれば、取るに足りない…」(18節)と、パウロは、彼が当時受けていた苦しみを、将来に約束されている栄光と対比させながら語っています。「今の時の苦難」とは、聖徒たちが直面していた迫害や困難であるとともに、パウロが7章において吐露した、罪との葛藤によって生じる苦悩でもあります。一方、「やがて私たちに啓示される栄光」とは、将来、神が救いを完成させたときに現わされる、ご自身の輝かしい栄光を指しているのです。19~22節で、人間以外の被造物もまた、滅びの束縛からの解放、神の子どもたちの現れを待ち望んでいると述べたパウロは、さらに23節以降において、聖徒たちがその被造物に先駆けて苦しみ、からだが贖われるのを待ち望んでいる、すなわち主イエスが再臨され、栄光のからだが与えられ、罪から完全に解放されるのを心待ちにしている、その希望があるからこそ、今の時の苦難を耐え忍ぶことができるのだと言っています。しかし、聖徒たちの戦いは決して孤独な戦いではありません。私たちのうちに住まわれる御霊が、弱い私たちを助け、とりなしてくださるのです。そして、そのことにより私たちは、すべてのことがご自身のみこころにかなうものとなるべく、神は、私たちに試練や苦難をも味わわせ、それらを相働かせて益とされるのだと知るのです。パウロが、「神を愛する人たち…召された人たちのため」…と言っていることに心が留まります。キリストに贖われ、主の教えを守り行う聖徒たちだからこそ、神はそのような取扱いをなされ、ご自身のご計画を進められるのであって、それは何よりも神にとっての「益」であり、訓練を受けて成長する私たちにとっても「益」なのです。すべてのことが意味ある有益なものとして神から与えられている…。そのことを覚えたいと思います。

心に平安がありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 8章1-17節◇(10月6日)

「もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬことになります。しかし、もし御霊によってからだの行いを殺すなら、あなたがたは生きます。」…ローマ8:13

私は本当にみじめな人間です…と悲痛なことばを発したパウロは、救いをもたらされたキリストを通して神に感謝し、さらに「キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません」(1節)と、それまでの議論の結論を力強く提示しています。そしてそれは、キリストにあるいのちの御霊の律法が、聖徒たちを罪と死の律法による束縛から解放してくれたゆえなのです(2節)。しかしそのとき人間の側に、努力して獲得できるものや、何か誇れるものがあったわけではありません。罪の奴隷となって支配され、自由を奪われて苦しんでいた私たちのために、神が愛とあわれみをもって、ご自身の御子を肉体をもった人としてこの地上に遣わし、私たちの罪のきよめのために、私たちの身代りとして、罪に対する処罰を、肉において下してくださったのです(3節)。「ですから、兄弟たちよ、私たちには義務があります」とパウロは明確に告げています(12節)。それは、私たちが御霊に従って歩むという義務であり、その御霊は、聖徒たちのうちに住み、死ぬべきからだをも生かしてくださるお方なのです。義務とは必ず果たすべきものであり、私たちは、肉に従ってではなく御霊に従って生きる者でことを主に告白し、そのとおりに歩むべきなのです。さらにパウロは、14節以降において、そのように神の御霊に導かれる者たちは、みな神の子どもであると言っています。そのように私たちは、キリストにあって、「子」としての特別な扱いを受けるようにされ、かつては神にむやみに近づくことを恐れていたのに、今や「アバ、父」と親しく呼ぶことができる関係へと修復されたのです。「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった」(ヨハ1:12)。そのようなすばらしい特権が与えられていることを感謝しつつ、その身分にふさわしく、日々、御霊に従って歩む者でありたいと思います。

主の確かな導きがありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 7章13-25節◇(10月5日)

「私たちの主イエス・キリストを通して、神に感謝します。こうして、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。」…ローマ7:25

律法は聖なるもの、正しく良いものであると述べた(12節)パウロはさらに、自分に死をもたらしたのは自分のうちにある罪であって、律法によってそのことが明らかにされたのだと語っています。神はアダムに戒めを与えて、それに逆らうならあなたは必ず死ぬと言われましたが(創2:17)、ここでパウロが言っているのは肉体の死ではなく霊的な死であり、その苦悩を彼は味わっていたのです。元より律法は霊的なものであり、人がその律法を守り行って神のみこころのうちを歩み、主から豊かな祝福を得るようにと(詩1:2-3)、神が定めて与えられたものです。そのことを認めた上でパウロは、そのことを自分も願っているのにそうできない、逆に自分がしたくないことをつい行ってしまうと、自らのうちに葛藤、戦いがあることを正直に認めて告白しています。彼は「私は…売り渡されて罪の下にある者」だと感じていたのです(14節)。15~24節にはパウロの悲痛な叫び、赤裸々な告白が続いています。「私は、したいと願う善を行わないで、したくない悪を行っています」(19節)。「そういうわけで、善を行いたいと願っている、その私に悪が存在するという原理を、私は見出します」(21節)。「私は本当にみじめな人間です。だれがこの死のからだから、私を救い出してくれるのでしょうか」(24節)。そのような絶望の中、キリストを通して神に感謝しますと、与えられた救いにパウロは感謝しています。罪の力に翻弄され、願いとは裏腹に悪を行ってしまうみじめな自分を死から救い出してくれるのは、イエス・キリストだけなのです。パウロが見いだした善と悪の対立は、もちろん私たちのうちにも存在しています。しかし、救いの完成への途上にある聖徒たちは、苦しみもがきつつ、キリストの権威と御霊の助けによって、勝利を重ねることができるのです。そのことを覚え、主にますます拠り頼み、感謝と喜びと希望をもって前進したいと思います。

主の助けと導きがありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 7章1-12節◇(10月4日)

「しかし今は、私たちは自分を縛っていた律法に死んだので、律法から解かれました。その結果、古い文字にはよらず、新しい御霊によって仕えているのです。」…ローマ7:6

6章で、私たちはかつては罪の奴隷であったが今やキリストにあって罪から解放されている、と語ったパウロは、7章で再び律法のことについて語っています。そしてそれは、聖徒たちが罪から解放されているだけでなく、律法の縛りからも解かれていることを伝えるためなのです。パウロはまず、当時の法律での婚姻のことを例に出して説明しています。夫がいる妻が他の男性と関係を持てば、当然ながら姦淫罪が適用されますが、その夫が亡くなれば婚姻関係も解消されるため、姦淫の罪には問われなくなります。キリストとともに死に、キリストとともに生きる者とされた聖徒たちもまた、律法による支配から解かれたので、罪に定められることはなくなったのです。では律法は不要で悪いものなのか…。パウロはそのような誤解を与えないよう、7節以下で説明を加えています。律法がなければ、人は肉の欲望に従って生き、神に逆らう生き方をしていても、それが悪いことだとは思わず、平気で罪の中にとどまり続けてしまう…。だから律法は決して悪いものではなく、正しくて良いものなのだ…と。6節の「古い文字」とは、文字によって書かれている律法を表していますが、同時に、その律法に縛られた生き方、古い契約に基づく私たちのあり方をも意味しています。それに対して、「新しい御霊」とは、御霊による新しい生き方のことであり、キリストの血による新しい契約の中に入れられたすべての聖徒たちは、この世の価値観、自分の考えや感情に従って歩むのではなく、御霊が照らしてくださる光によってみことばの意味を正しく悟り、神のみこころに従って歩むべきなのです。罪の支配のもと、死のために実を結ぶ者であった私たちですが(5節)、そこから救い出された者として、御霊の導きに従って歩み、人々への証しとなる良い実を結ぶべく、忠実に主に仕えていきたいと思います。

主の祝福がありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 6章1-14節◇(10月2日)

「ですから、あなたがたの死ぬべきからだを罪に支配させて、からだの欲望に従ってはいけません。」…ローマ6:12

「罪の増し加わるところに、恵みも満ちあふれました」と、罪人が義とされるために、神の恵みとキリストの義の賜物が満ちあふれるようになったと述べたパウロは、それを曲解する者たちが、さらに恵みが増し加わるために罪にとどまろうとしないよう、決してそんなことはない、罪に対して死んだ私たちが、どうしてなおも罪のうちに生きられようかと、その考えを強く否定しています。さらにパウロは、聖徒たちが受けたバプテスマの霊的な意義を明らかにしています。キリストにつくバプテスマを受けた者はみな、キリストの死にあずかったのであり、キリストとともに葬られ、同時にキリストの復活にもあずかって、キリストとともによみがえったのだ…と。そのように聖徒たちは、すでに古い罪の自分に死んで、罪の奴隷から解放されているのだから、自分を罪に支配させてはならない、からだの欲望に従ってはならない、自分自身を神に献げ、その手足を義の道具として、神に用いられるようにせよ、とパウロは命じているのです。そしてそのことは、「罪があなたがたを支配することはない」(14節)ということばと矛盾してはいません。聖徒たちは罪によってもはや支配されないということと、誘惑に負けてその権利を放棄し、罪の支配に自分を明け渡してしまうというのは、別のことだからです。聖書は、キリストに贖われた聖徒たちのうちから罪が取り去られ、きれいさっぱりなくなった…とは言っていません。私たちは罪の性質を宿しながらも、キリストにあって神に義と認められ、神に似た者に日々変えられ続けているのです。そして、罪の奴隷から解放されて得た自由の中で、どう生きるのかが問われているのです。肉の情欲に従うのは、キリストとともに死に、キリストとともに生きる者とされた私たちにはふさわしいものではなく、神に喜ばれる生き方ではないのです。常にみことばから教えられ、聖徒にふさわしく歩みたいと思います。

御霊の助けと導きがありますように。

◇聖書箇所:ローマ人への手紙 5章12-21節◇(10月1日)

「こういうわけで、ちょうど一人の違反によってすべての人が不義に定められたのと同様に、一人の義の行為によってすべての人が義と認められ、いのちを与えられます。」…ローマ5:18

12~21節においてパウロは、アダムとキリストを対照的に示しつつ、罪と義について、死といのちについて論じています。12節に「ちょうど一人の人によって罪が世界に入り」とありますが、それは創世記3章に書かれてあるとおり、最初の人アダムの一つの行為によって、全世界に罪が拡散していったことを意味しています。さらに、「罪によって死が入り」とありますが、その死は人間の肉体的な死のみならず、霊的な死、すなわち神とのそれまでの親密な関係の破局と断絶を意味しているのです。13節では罪と律法の関係が語られています。モーセの律法以前にも、アダムが罪を犯したときから、罪は全人類に浸透していました。しかし人はその罪の存在を自覚して認めるには至っておらず、律法によって初めて、人は自らの罪の現実を正しく認識するようになったのです。そしてその全人類の罪に対して、神の恵みによる賜物、すなわち罪の赦し、壊れた神との関係の修復を多くの人にもたらすために、一人の人イエス・キリストがこの地上に来られ、十字架と復活による贖いを成し遂げてくださったのです。一人の人アダム→多くの人の罪と死、一人の人キリスト→多くの人の義と救い、アダムの一つの違反→多くの人の断罪、キリストの一つの義の行為→多くの人の義認と、ここでパウロはそのような鮮やかな対比を示し、神の恵みと義の賜物がいかにすぐれて偉大なものであるのかを、読者に対して強調しているのです。「一人の義の行為によってすべての人が義と認められ、いのちを与えられます」。キリストが私たちに、義といのちをもたらされたのです。私たちは例外なく肉体の死を迎えることになりますが、霊的な死、つまり神のさばきによる永遠の滅びを免れ、永遠のいのちへと導かれているのです(21節)。恵みの賜物として与えられたその救いを心から感謝し、神に感謝をささげたいと思います。

さらに多くの人が救いにあずかりますように。